オーナーが楽をする仕組み

住宅模型

一昔前の賃貸物件は、オーナーがその物件の1部屋に住み家賃回収から清掃まで全てを管理していました。当然ながら、そこに住んでいる人もオーナーさんと顔なじみで家賃の滞納等を多めに見てくれることも多かったです。ところが、最近はたくさんの物件を同時に持っているオーナーが多いため、全てを1人で管理するのは難しくなっています。このような場合には、賃貸管理会社に任せると良いでしょう。賃貸管理会社の特徴は、今までオーナーが行っていたような仕事を全て行ってくれるのが特徴です。オーナーにとって負担になりやすいのは、家賃の回収ではないでしょうか。家賃の回収は、全員が期限までに支払ってくれれば良いですが、住人全体の5%程度は滞納する傾向があります。そのため、家賃の取り立てなどは非常にオーナーにとって大きな負担でした。ですが、これらを管理会社が行ってくれることでオーナーは特に面倒なことをすることがなくなります。後は、清掃なども定期的に賃貸管理会社の方で行ってくれるのが特徴といえます。賃貸管理外車にお願いすれば、毎週月曜日といった感じで清掃をしてくれるため建物の周辺が汚くなるような事はまずありません。もし、建物に問題があれば直ちにオーナーのほうに連絡が行くでしょう。

知っておきたいこととは

一軒家

いくつかの物件を持っている場合や1つの物件しか持っていないけども、世帯数が多い場合にはオーナーのみで管理することが難しいです。この場合は、管理会社にお願いをし適切な管理をしてもらうことが大事です。当然ながら、管理会社にお願いする場合にはそれなりの費用がかかってきます。どれぐらいの費用がかかるかは管理会社により異なりますが、アパート程度の大きさならば1ヵ月あたり数万円で清掃から賃料に関するものまで管理をしてくれるでしょう。この時、最初のうちは管理会社にお願いしても金銭的な負担はそれほど大きくない可能性がありますが、次第に空室等が目立ってくると毎月管理会社に支払うお金が大きな負担になります。このような場合には、ある程度選択性のところを選ぶと良いです。例えば、掃除はオーナー自身が行うので、家賃に関する感じなどはすべて賃貸管理会社の方に任せてしまうような契約が選択できると良いです。この仕組みならば、金銭的な負担を最小限に減らすことができます。そのような仕組みを採用しているところならば、安心して任せることができるかもしれませんが、賃貸管理の契約内容を途中で変更できないようなこともありますので、契約内容の変更がいつまでできるのかを確認しておきましょう。常に変更できる会社ならば、家賃収入が少なくなってからも金銭的な負担を減らすことが可能です。

広告募集中